こんにちは、正しい転職です。

転職は自分だけのことではありません。
特に既婚者の方にとっては職場環境の変化も含めて人生の大問題と言えるでしょう。

今回は「○○と話すシリーズの第一弾」として
「嫁と話す」をお送りします。

普段から転職について話しておこう

いきなり
「会社辞めた。来月から転職するから」
と言われて怒らない奥さんはいませんよね。

もしいたとしたらよほどあなたを信頼しているか、
もしくは全くあなたに関心がないかのどちらかと考えていいでしょう。(悲しい・・)

今の時代転職を考えるのは当たり前ですからそんなに気を遣う必要なんてないよと、考えるかもしれませんが、それでも普段から話しておくことで心の準備も出来ますし、奥さんから転職について前向きな考えが出てくるかもしれません。

転職には逃げの転職もあれば、前向きな転職もありますが、大事なのは転職しても人生は続くということです。

「この人は転職も考えているんだ」
と理解してもらえば奥さんの仕事についても

相談があるはずです。正社員でも派遣でも奥さんにとっては大事な仕事ですから

いつでも二人で相談出来る関係性を築いておきましょう。

転職先を決めてから話さないように

もうこれは最悪です(笑。
と言ってもよほどのことがないとこれをやってしまう人はいないでしょうね。

ただ知人や昔の元同僚からの誘いなど思わぬところから思わぬ誘いがあった場合など

「こういう話があったんだ」

と話す機会はあるでしょうが、決してその場で決めてしまわないようにしましょう。

「帰って家内と相談してから」

と必ず断りを入れましょう。
理解ある雇用先ならそれで納得してくれます。

逆に
「いや、今すぐここで決めて欲しい」
と言われたらそこは怪しいです。
うまく断りましょう。

その転職は奥さんにとって正しい転職か?

・奥さんがなにか仕事をされている場合、
・仕事をやめて妊娠されている場合、
・ご親族にトラブルがある場合、

奥さんにも色んな人生のタイミングがあります。

「あの時あなたが転職したいというから・・」

と後々言われてしまわないように奥さんにとって正しい転職となるタイミングも確認してみましょう。

奥さんには奥さんの人生プランのタイミングがあるはずです。

結婚した時からあなたの人生は奥さんの人生でもあるのです。

「こんな条件は二度とない!」

と思える案件もあるかもしれませんが、先のことはわかりません。

それよりもこれから先の人生をともに進んでいく奥さんとのことを考えて判断すべきでしょう。

なんでも反対というわけじゃないから落ちついて話そう

「嫁に話したら怒るだろうなぁ」
「絶対反対されるに決まってる」

と決めつけていませんか?

これは転職とは直接関係ないかもしれませんが普段からどれだけ奥さんとコミュニケーションをとっているかに関わってくると思います。

もしかしたら普段からとても疲れてストレスを抱えているあなたの姿を見て、奥さんのほうから

「転職したら?」

と思っているけど口に出せないだけかもしれません。

あるいは今の勤務先に不安があったり、転勤の多さにうんざりしていて

「転職を考えて欲しい」

と思っていてくれているかもしれません。

転職に限らずいつでも思ったことを相談出来る関係を奥さんと築いておきたいですね。