転職活動がうまくいかない「原因」と「対策」

2019年1月9日

注目記事紹介

こんにちは、正しい転職です。
転職活動はうまくいってますか?

人手不足の時代だし、求人情報は溢れているし順調に決まったよ!という方も多い反面、なかなか決まらずに鬱々とした毎日を送っている方も多いのではないでしょうか?

転職がうまくいかない方には理由があります。
ご自身の転職活動をもう一度見直してみませんか?

転職活動がうまくいかない:応募書類の内容が不十分。

応募書類のブラッシュアップが足りない、というのはよくある原因です。
特に転職活動初心者の方は職務経歴書をどんな内容で作成すればいいのかよく分からないので内容が不十分になりがちです。

また転職サイトと同じ内容をそのまま記載してしまうパターンも多いですね。
「同じような内容しか書けないし、また別に書類を作成する気になれない」
という声を聞くこともありますが、あなたの経歴や業務で経験してきたことによって、職務経歴書のフォーマットや記載する内容も全く変わってきます。

何よりも応募する求人情報の採用担当者が知りたい情報が記載されていなければその職務経歴書に意味はありません。

広告やデザインなどのクリエイティブ系職種となるとさらに「制作実績」が必要なケースも出てきます。
これも「WEBデザイン」なのか「DTP」なのか「広告映像制作」なのかによって制作の内容が変わってきますよね。

ひとつのフォーマットで全て完了するなんてことはありえないのです。

さらに異業種への転職となると、今までの経歴を先方に分かりやすく説明する必要が出てきます。
「相手にちゃんと伝わるか?」
「自分の過去の業務経験は十分に記載されているか?」
を意識して、細かいことも疎かにせずに丁寧に応募書類を作成しましょう。

転職活動がうまくいかない:応募数が少ない。

下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる、じゃないですが、やはりある程度の応募数は必要です。
転職サイトで求人情報を探していて、

「ここしかない!」

と心に決めて、気合いを入れて応募したら落ちてしまって、それから転職活動のやる気をなくしてしまった。。。

まぁ気持ちは分かるし、現在お勤め中なら無理して転職活動を続けることもないので少し休んでみるのもアリではあると思います。

ただ、「なんとしても転職活動をやり遂げるぞ!」と思っているなら、1社、2社から落ちたぐらいで落ち込んでいてはいけません。

気になる求人情報があれば、どんどん応募していきましょう。

転職活動にはある程度の「慣れ」も必要です。

応募する企業の価値観、応募書類の作り方、転職サイトのデータの内容、面接の受け答え、なるほどこれは経験しないと分からないということが転職活動を進めていく中で理屈ではなく、皮膚感覚で分かってくるようになるのです。いわば”コツがつかめてくる”のです。

そうなるためにはある程度時間と場数が必要になってきます。
応募する企業さんには失礼ないい方で恐縮ですが、「最初は練習」と思ってどんどん応募しましょう。

案外「どうせ落ちるし練習」と思っていた求人情報が実はあなたにぴったりの求人情報で、無事転職活動に成功!なんてことが、いや、これは本当にあるかもしれませんよ(笑。

転職活動がうまくいかない:登録した転職サイトの数が少ない。

これも「応募数が少ない」と同じことですね。
賛否両論あるし、データの作成が大変なのですが、私は転職サイトは複数使うべきだと思います。

それぞれの転職サイトには「得手不得手」もありますし、求人情報を出す企業も予算の関係で、本当は複数の転職サイトに求人情報を出したいけど、ひとつの転職サイトだけにしか求人情報を出せなかった。という事情もあります。
あるいはその転職サイトに求人情報を出すと、採用活動でいい結果が出るので、「採用活動を行う時にはこの転職サイトにしか出さない」というケースです。

転職活動成功のポイントは「いい求人情報に出会えるかどうか」です。
ですから複数の転職サイトを利用して、いい求人情報をキャッチ出来るようにしておきましょう。

あとIndeedがあるじゃないか、という意見もあるかもしれませんが、細かい条件による検索となると、やはり専門の転職サイトにはかないません。
結果的に最初から転職サイトに登録して探したほうが効率的だったということにもなりかねません。

また使っているうちに「この転職サイトは自分とは合わないな」と感じることがあります。
そんな時も複数の転職サイトを利用していればすぐに別の転職サイトを使って転職活動をロスなく継続することが出来ます。

様々なケースを想定して転職活動を行う時は複数の転職サイトを利用しましょう。

転職活動がうまくいかない:求人情報の条件に合ってない。

色んな求人情報に応募しましょうと言いましたが、あまりに見当違いな求人情報に応募しても時間の無駄です。

・勤務地域
・業種
・経験の有無
・資格が必要
・年齢

極端ことを言うと、パイロット資格のない人が旅客機のパイロットにいくら応募しても意味がありません。
でも運送会社なら、コンビニの配送トラックの業務で、研修を受けることと、運転免許があることで未経験者でも雇用される可能性がありますね。

転職はギャンブルではありません。

そのあたりを考えて、自分の業務経験が活かせる業種、もしくは未経験者でも採用される業種で求人情報を精査してみましょう。

転職活動がうまくいかない:最後は転職エージェントに相談してみよう。

それでもダメなら一人で悩んでないで、転職のプロである転職エージェントに相談しましょう。
転職エージェントは客観的にあなたの今までの業務経験を診断し、アドバイスしてくれた上で、あなたの希望にマッチングした求人情報を紹介してくれます。

また履歴書や職務経歴書等の転職活動において重要な応募書類の添削、指導も行ってくれます。

特に転職初心者の方は、最初は転職活動をどう進めればいいのか分からないことが多いので転職エージェントを利用されることを是非オススメします。



転職活動がうまくいかない皆さん、転職エージェントを利用して正しい転職を実現させましょう。
それではまた。

関連記事