転職活動を成功させるために目標を決めよう。

こんにちは、正しい転職です。
早速ですが、あなたに質問です。

  • あなたはなぜ転職をしようと思いましたか?
  • 転職しようと思った動機は何ですか?
  • どんな会社、あるいは業種に転職したいですか?
  • 転職でどんなことを実現したいですか?

これらの質問に全て詰まることなく答えられましたか?
恐らく殆どの方が答えられないと思います。

でも転職活動において「目標を決める」ことはすごく大事なことです。
具体的にご説明していきましょう。

なぜ転職活動をしようと思ったのか動機を明確にする。

まずはこれですね、改めて「こういう動機で転職したい!」という動機を自分の中で明確にしておきましょう。

これは「履歴書」でも「面接」でも、転職エージェントさんに相談する時にも必ず聞かれるし、記載する必要があります。

何より動機を明確にすることで「転職活動における目標が明確」になります。

目標が明確になると転職活動を行う時に無駄がなくなります。
必要なら資格を取得するために学校に通うなど、行動が具体的になります。

実際に転職活動を始めてからも「こういう動機で転職したいから、こういう会社に入ってこんな仕事がしたい」と「転職活動において一貫性」が生まれるので、面接や応募書類を作成する時にブレがなくなります。

こうしたブレがない姿勢は、面接の受け答えでも迷いのない回答が出来るので、好印象を与えることが出来ますね。

「今の会社が嫌だから」
の嫌も、一体何が嫌なのか?

  • 人間関係なのか?
  • 会社の古い体質なのか?
  • 現在の仕事内容なのか?
  • 待遇に不満があるのか?

をひとつひとつ掘り下げていくことで、今までぼんやりとしていた動機が明確になってきます。

是非一度じっくりと転職の動機を明確にしましょう。

目標を定めると「どこでもいい」はあり得ない。

「転職出来るならどこでもいい」
という方は、目標が明確になっていないから、こうした行き当たりばったりな転職活動につながっていきます。

でも目標を決めていれば「どうでもいい」は存在しません。

「自分が実現したいこと」

転職活動の目標が明確になった時点で、目標を実現させるための行動はある程度決まっているわけです。
あとはどんどん行動していきましょう。

では「どうでもいい転職」を選択すると、どんな結果が待っているでしょうか?

転職活動で「どこでもいい」は最悪のゴールである。

どこでもいいと、転職活動の行動も曖昧になってしまいますね。

なにせ「自分の中で基準がない」わけですから当然ですから。
「とにかく今の会社が嫌だから、別の会社に行けるならどこでもいい!」
と切羽詰まった方もいらっしゃいますけど、それでも転職はあなたの今後の人生を決める大切なイベントです。

転職活動で「どこでもいい」は最悪の結果を招くだけです。

求人情報を選ぶ時からそうです、「とにかく入れさえすればいい」で転職先を選んでしまうと「いい求人情報」を見つけることが出来ませんし、どこでもいいからと入社してしまった結果ブラック企業に入ってしまったとか、人間関係が最悪の会社に入ってしまった、など、転職しなかったほうがよかったんじゃないかと思えるような結果しか得られません。

次々と短期間で転職を繰り返すのも、当初の目標を決めずに「どうでもいい転職」を行ってしまったために、せっかく転職が決まってもちょっと何か気に入らないことがあると辞めてしまうんですね。

いかに転職活動の「どこでもいい」が恐ろしいことか、お分かり頂けたでしょうか?

定めた目標によって「いい求人情報」は変わる。

転職活動成功のポイントは「いい求人情報に出会えるか」なのですが、これも目標を定めることにより変わってきますね。
今まで「会社名」や「お給料」だけを基準に選んでいた「いい求人情報」が転職活動の目標が基準にされるわけですから。

「いい求人情報」が転職活動の目標によって変わるというのは、転職活動の動機が変わるということです。
では転職活動の動機は何によって決まるのでしょうか?端的に言うと「ご自身を取り巻く状況」です。

  • 年齢
  • 仕事のスキル
  • 家族構成
  • 身体の条件
  • etc

こうしたご自身の状況の変化に伴って、転職で実現させたいことが変わってきます。
ですから世間や若い時の「いい求人情報」に惑わされることなく、「現在のあなたの状況を踏まえたいい求人情報」を見つける努力が必要になります。

その指標として役に立つのが「転職活動における目標」なのです。

時には目標を変えることも必要。

ただし転職活動を進めていくなかで色々と気がつくことがありますね。

そうなれば目標を変えるのも転職活動を成功させるための方法ではないかと思います。

矛盾していると思いますか?

でも転職活動が最初から最後まで思い通りになるとは限りません。
それに転職活動とはひとつの学びです。

色んな会社との出会いや経験を積んでいくなかで、本当に目指すべき目標が見えてくるのです。

そうなれば最初の目標に固執する必要はありません、新しい目標を目指すべきです。

ここまでお読みになった方の中にはお気づきになった方もいらっしゃると思いますが、目標とはゴールではなく、あくまで行動する上での指針なのです。
決めるのはあくまであなた自身です。

大事な決断をあなた自身ではなく、目安である指針に左右されるなんてバカバカしいと思いませんか?

でもこうして目標を変えられるのも、最初にきちんと目標を定めて行動してきたからこそ分かることなのです。

転職活動はまず行動すること、そのための支えになってくれるのが目標です。

例え目標を変更させたとしても、最初の目標がなければあなたはそこまで行動することが出来なかったのです。
それだけ転職活動における目標とは大事なのです。

転職エージェントに相談して目標を明確にすることも成功のカギ。

「転職はしたいけど、まだ明確に目標を決められない。」
という方は転職エージェントに相談するのもひとつの方法です。

あなたのキャリアを客観的に判断し、色んなアドバイスをくれます。
それと第三者の客観的な意見はあなた自身が気が付かなかった「強み」や「やりたい目標」を浮かび上がらせてくれます。

登録は無料ですからお気軽に登録してみましょう。



いかがでしたか?あなたも転職の目標を明確にして正しい転職を実現させましょう。
それではまた。

関連記事