日本はこれからまともなサービスを維持出来なくなるのではないかと思う。

注目記事紹介

日本はこれからまともなサービスを維持出来なくなるのではないかと思う。

どうもこんにちは、正しい転職です。
ちょっと転職とは関係ないのですが、どこかに書いておきたいことがありましたので、この場をお借りして記載しておきたいと思います。

広義の意味からすると転職にも関わる内容でもありますので、ご勘弁いただければと思います。

ところで、時々思うのですが、日本はどうしてこうなってしまったのか?
ふと自分の周りを絶望的な思いで見渡す時があります。

教育だったのか、
経済だったのか、

特に先日の富士通が45歳以上の社員をリストラするニュースを見て確信しました。


このままではもう日本はまともなサービス、事業を継続、維持することは無理でしょう。

マネジメント層の不在

本来私の年齢ですと同年代の方が仕事相手として取引先の企業さんにいないといけないのですが、、いないのですね。。
まぁいるのはいるのですが、「管理職」という立場でいらっしゃらない。
簡単に言うと人事管理及び決裁権者として会社にいない。

50過ぎの方やその下の30代の方がいて、間の我々の世代が抜けていることが多い。
特に飲食業でこの傾向を見かけることが多い。

これは本来私達の世代がもっとバリバリと現場で活躍していないといけないのに、企業の中で 抜けてしまっているのですね。
実に由々しき事態です。

自分で仕事をしていて思うのですが、40代はようやく自分の力量や仕事を理解し、思う存分仕事を切り回せる世代です。
当然人材育成という意味でもこうした世代に期待することも多いはずですが、就職氷河期世代が多数いるこの世代が各企業とも圧倒的に足りず、次に続く世代への人材育成が足りません。

しかもそれでも足りずに45歳以上は今後リストラの対象として、一律で会社から放り出す方針のようです。

目先の利益にばかり目をやることで、仕事の進め方やノウハウ、モラルを含めた人材育成はどんどん疎かになり、結果企業は力を失っていくでしょうし、現にそのほころびはすでに姿を見せ始めています。

若年層の無責任さ

くら寿司のアルバイトによる動画投稿に代表される、企業のブランドイメージを著しく損ねる行為、いわゆる「バイトテロ」という行為が話題になっています。
長年培ってきた企業の信用が一夜のうちに失墜し、社会的に損失を被るこの「バイトテロ」は今後企業が負わなくていけないリスクであり、企業運営において支払わなくてはいけないコストと言えるでしょう。

ではなぜこのようなことが起こるのか?

様々な原因が考えられますが、私が思うに若年層の「無責任さ」が原因でないかと思われます。
「無責任さ」と簡単に言いますが、「無責任さ」とは何が原因で生じるのでしょうか?
それは「見識の狭さ」に他なりません。

最近の若年層は全てネットで済ませます。
交友関係も、情報収集も、学校の課題すら、ネットで済ませます。そしてそこから得られる知識は恐ろしいほど、「狭く、浅い」ものばかりです。

若年層ばかりではありません、親世代、マネジメント層も同様です。
本を読まないことを自慢し、新しいことに飛びつく代わりに、ひとつのことを地道に取り組み、やり遂げることをしません。

「ネットを使えば、知らない人とも知り合える、世界が広がる」
と反論する方もいらっしゃるでしょう、でもそれが意味を持つのは本人が教養と人間性を持ち合わせているから有効なのです。

ネットでしか世界を知らない若い人は、果たして自分が行う行為が社会的にどんな影響を及ぼすのか想像出来たでしょうか?
恐らくそんなことは、想像すらしなかったでしょう。

彼らが想像出来たのは、せいぜい狭く小さいスマートフォンの画面に現れる、ほんの数人の友人やフォロワーからの反応だけだったでしょう。
そんな彼らには社会的な責任など求めることはこれからも恐らく無理でしょう。

自己保身と言い訳ばかりの社会に

最近「日本はテクノロジーで世界から遅れている」という話をよく聞きます。
長くなるのでその内容については割愛しますが、私が考える日本が昔から世界で評価されてきたのは、その裏側にある「優れた労働者」がいたからこそではないかと思うのです。簡単に言うと「技術がすごいのではなく、技術を支える人間がすごかった」ということですね。

「日本製品は壊れない、素晴らしい」

という評価は日本の誇りでした。
でもそれは何か優れた製品を生み出す魔法の杖があったわけではなく、故障の原因をひとつひとつ丁寧につぶして改善していくという気の遠くなるような地道な作業の果てに生まれた成果だったと思うのです。

私もホームページを作ったり、業績が悪い時にいくつかアルバイトをこなしたりして思ったのですが、「完璧」ということは仕事において存在しません。

過去の日本の繁栄は、こうした他の国の人たちがやらない、誰も見向きもしないような仕事に誰もが真剣に向き合っていたからこそ実現していたのです。
そこには銭勘定も承認欲求もありません、ただひたすら「仕事に対して誠実でありたい」という思いだけでした。

思うに昨今の日本人の無責任さは、こうした労働者のモラルにつけこむ悪質な経営が日本人からモラルを失わせている側面もあるように思います。
高いモラルはその報酬によって報いられるべきですが、悪質な企業の乱立により、雇用と被雇用者の信頼関係は崩れ去りました。

結果誰もが自己保身と言い訳ばかりの社会になってしまい、社会全体のモラルも下がる一方です。

1970年代の高度成長期と同じような労働環境は望むべくもないですが、もう一度仕事の根幹に立ち返り、「愚直に仕事に誠実に向き合う」ということを考えるべきではないかと思います。

そのためには何かあれば「売上」のことしか考えていない企業の経営者たちのモラルについて考えるべきでしょう。

お金を儲ける人が人格者でもないし、社会的に高い地位にあるのではない。

去年私はある若い経営者の方とお酒の席をともにする機会があったのですが、その方は無遠慮に私の事業の売上のこと、顧客のことを根掘り葉掘り聞いてきて、挙げ句に自分がいかにお金を儲けているかを散々自慢してきて、大変不愉快な思いをしました。

残念ながらその方とはそれ以降お付き合いは一切お断りすることにしたのですが、こうした「お金を儲ければ何をしてもいいんだ」という考えに基づいた若い経営者が増えているのも残念ながらまた事実です。

これは日本が長い不況を抱えるなか、お金を儲けているかどうかが、その人を判断する基準になってしまったことが原因でしょう。

昔「社長さん」と呼ばれる方は、一種の尊敬の念で呼ばれていました。それは単にお金を持っているからではなく、そこに至る中で艱難辛苦を乗り越えた結果、教養があり、人格的にも優れた人物であろうという周囲の無言の期待から呼ばれていたように記憶しています。

最近はそうではなく、ただ「この人はいくら儲けたのか?」だけが判断基準になり、それ以外の内面や社会貢献などお金儲け以外のことはおざなりになっています。

これでは企業の事業やそこで働く社員のモラルもいずれお金を儲けることだけに注力し、事業を通じてお客様や社会に価値を提供しているかという社会貢献が疎かになり、私利私欲を追い求めるだけの独善的な集団に成り下がるでしょう。

こうした企業がより良い社会づくりに貢献できるとはとても思えません。
しかしこうしたモラルの低い企業が日々増え続けているのです、そういわゆる「ブラック企業」と呼ばれる企業がまさにそれです。

仕事に真摯に向き合う人材育成こそ急務

私が危惧するのはこうしたことを背景にした「社会・企業・労働者」のモラルの低下です。

現在の「人手不足」は単に「少子高齢化」だけが原因ではなく、先程の企業と労働者のモラルの低下による、仕事に対する真摯さの欠如が大きいと感じています。

お給料や待遇はもちろん大切なことですが、それ以上に仕事に真剣に向き合うか、こそが社会人として大切であろうと思います。
そうした姿勢が社会への責任と、社会全体の高い道徳性を生み出し、結果的に安全で住みやすい、より良い社会づくりにつながるからです。

社会的に不安定な国は目立った産業もなく、失業率が高く、教育のレベルが低く、労働者の質は高いとは言えません。
日本は両方が揃っているにもかかわらず、社会全体が両方とも手放そうとしているのです。

日本は教育と労働の意義をもう一度社会全体で見直して、高める努力をすべきでしょう。

なんか綺麗事ばかり書いてしまいましたが、なんとなくどこかに書いておきたかったので書いてしまいました。
おかげでスッキリしました。

それでは失礼します。

関連記事