こんにちは、正しい転職です。

転職について上司の方と話す、、、これはもう最終局面と言ってもいい状況です。

転職活動は成功し、後は現在の職場に辞意を伝え、つつがなく退職手続きをとりながら同時に期待に胸を膨らませながら新しい職場での入社手続きをとる。。

しかし、その前にまずは上司の方から退職する旨を了解してもらわなくてはいけません。

上司の方はあなたに辞めてほしくない。

それはもう当然です。
上司の方の人事評価が下がっちゃうからです。

仕事のペースも変わりますし、他のメンバーへの負担も増えるし、顧客の担当も変えなくてはいけません。
大問題です。

出来ることなら辞めてほしくない、だから「説得」にかかります。

・君のことは評価している
・後輩の面倒もよくみてくれて助かっている
・これからもずっと頑張って欲しい

あなたに辞めてほしくないならですが、上司があなたをこうして説得しているのは事実です。
そこで、ではなぜ、あなたが転職を考えるに至ったのか上司に話を聞いてもらいましょう。

ただあなたが次の職場を決めていて、退職の意思が固い場合には話し合いではなく、速やかに退職の手続きをとってもらえるようにお願いしましょう。
さらに上の方や、人事部の方が話し合いに参加するともっと大変なことになります。
辞める場合には当事者同士、極力少ない人数でスピーディーに話をまとめてしまいましょう。

そうではなくて、
「まだ辞めるかどうか迷っている・・」
「とりあえず会社を辞めようかと思っている・・」

というあなたは是非上司の方に胸の内を聞いてもらいましょう。

転職は職場の悩みや不安を聞いてもらうチャンス

年に一度、期首に面談がある会社、最近増えましたね。
ただああいう場で自分が思ってることや、職場への不平不満って言いづらいですよね。

結局今期と同じ目標を立てて、「頑張ります!」の一言で終わってしまうのが関の山です。

でも転職を視野に入れているので上司として相談に乗って欲しい、と言われたら上司の方も逃げるわけにはいきませんし、あなたもあれを言おう、これを言おうと色々考えてるはずです。
多少は感情が入ってもいいので是非思いの丈を聞いてもらいましょう。

で、これは単に気持ちがスッキリするだけでなく、ご自分の頭の中も整理されるというメリットもあるんです。

「あ、私ってこんなことに悩んでたんだ」
「こうして欲しかったんだ」

と、なんとなく頭で考えてはいたけど言葉に出来なかったことが言葉にできてすごくスッキリします。

もちろん支離滅裂な感情的なことを並べ立ててはいけませんよ?
社会人なら理路整然と分かりやすくお伝えしましょう。

最初はふんふんと軽い気持ちで聞いていた上司も次第に真剣に聞いてくれるようになります。

・仕事のペースを変えてみる
・担当を変える
・別の部署に行く

など、あなたが今の会社で働きやすい環境を整える提案をしてくれます。

もちろん
「仕事も満足に出来ないのに、何を勝手ばかり言ってるんだ」
と叱責を受けることもあるかもしれません。

それはそれ、
「ああそうか、もっと頑張ろう」
と思うのも自由ですし、
「やっぱ無理、辞めよう」
と行動に移すのも自由です。

大抵は辞めることになりますけどね(笑。
だってこんなに真剣に相談してるのに怒るなんて、、
ねぇ?

説得ではなく「説教」になってたら諦めよう

もう、これは無理ですね(笑。
辞めましょう(笑。

・まだろくに仕事も出来ないのに
・ここで通じないようでは
・〇〇はもっと成果を出しているのに
・ここを辞めても同じだよ
・また次も辞めるんじゃないかと心配

こういうことを言われたら辞めましょう!
頑張って今の職場にしがみついても仕方がないです。

もう価値観が合わない、残っても
「ほらな、やっぱりお前はここじゃないと駄目だったろう?」
とか意味不明なことを言ってきて、結局何も変わりません。
いるだけ無駄です。

逆に辞める気満々でこういうことを言われたら、
「あ、やっぱりここは思ってた通りのところだった」
と確認出来るので、ある意味リトマス紙代わりに使えますね。

ただし、どこに行っても
・心から信頼しあえる仲間たち
・尊敬出来る仕事が出来て懐の深い上司

なんて100%いません。
映画とかドラマとか、あれはあくまでフィクションですからそこはちゃんと現実を見ましょうね。

じゃないと、
「自分はこんなところで収まる器じゃないんだ!」
と言ってそれこそ本当にジョブホッパーになってしまうかもしれませんから。