転職について親と話す。

2018年9月20日

転職について親と話す。

転職について、最後は誰と話しますか?
答えは親御さんです。

実家から通われてたり、お若い方だったり、
親御さんと転職について話すケースもあると思います。

とは言え、私が経験した時と今の親御さんとでは
転職に対する考え方も違いもあるので正直記事にしようか
どうしようか迷いました。

しかし他の転職系ブログを見ても「親御さん」との
ことってあまり書いてる記事が見当たらないので
僭越ながら・・、というわけで私の経験と主観を
踏まえてご紹介です。

私の場合「こりゃ言っても無駄だなぁ__。」

当時私は新卒で東京のSIで働いておりまして、実家は
飛行機で1時間ほどの田舎でした。

「元気に頑張っとるかのう」

と両親もホクホクだったんでしょうけど、いきなり電話で
転職する旨を伝えた時の母の絶句した声は忘れられません(笑。

ただ20年以上前のことですからねぇ、当時はリクナビも
マイナビもグーグルもありませんでしたから、やっぱり
転職というとネガティブなイメージしかなくて、私も
何か背徳感を背負っての転職だったのを覚えています。

今の若い方はどうなんでしょう?
おそらくどなたも新卒カードを切っても
「転職すること前提」
で入社されてますよね?

だったら私の時ほどの拒絶反応はないと思いますよ?
(私の場合恥ずかしいんですが、両親とあまり関係も
良くなかったですし。今でもですが)

「転職=逃げ」

と捉えられたし、上司にもそう”説教”されました。

とは言え、新卒が自腹で当時20万円以上のパソコンを
買って、毎日仕事が終わってから夜中2時〜3時まで
勉強してました。

さらに自学自習では飽き足らず、新宿の専門学校に
100万円近い学費を払って週末通ってスキルを身につけて
ようやく掴んだ転職先。

不安で押しつぶされそうな気持ちとここまでの努力を
見もしないで、「転職したい=逃げだろう」
と短絡的に評価されたのは今でも納得いかなかったですね。

いや、いいんですよ「逃げの転職」実際私も何度かあります(笑。
だって「壊れちゃったら意味がない」じゃないですか。

やばいところからは逃げてください、これは本気で言ってます。

ただ当時の私の心境として、
「ここまで真剣に努力して手にした転職にケチつけるなよ」
という気分ではいましたね。

それにあそこにいたところでいびられて、干されて、終わり
したから、転職に迷いはなかったですね。
不安でしたけど。

すみません、自分語りが長くなってしまいました。。。