こんにちは、正しい転職です。

以前、「あなたの転職活動がうまくいかない理由。」で
紹介した通り、

「絶対、○○までに転職するんだ!」

と決めてしまうのは良くないと申しましたが、かと言ってなんとなく「いつか転職出来たらいいなぁ〜」
と考えているだけでは転職はいつまで経っても実現出来ません。

そこでいちど、転職活動を始めて新しい職場で働き始めるまでをスケジュールをシミュレーションしてみてはいかがでしょうか?

おおよその転職活動のスケジュールとは?

大体転職活動の期間というと3ヶ月、というのが最もポピュラーな期間ですね。

これは不思議とこのぐらいの期間で決まるんですね。
私の場合もそうでした。

ただし、この期間は「実際に動き出してから」という但し書きがつきますのでご注意ください。

なんとなく転職を意識していて、気がついたら決まっていた、ではなく、

・転職の意思を固めた
・転職サイトに登録した
・転職エージェントに会ってみた
・履歴書、職務経歴書を作成した
・家族にも転職する意思を伝えた

と、転職の準備が全て完了して、実際に活動を始めて3ヶ月、ということです。

1社の結果が出るまでどのくらい?

やっぱり応募してから結果が出るまで1ヶ月はかかるものとお考えください。

応募からレスポンスの早い企業さんでも面接に行くタイミングが合わなかったり、決定権を持つ人が忙しくてスムーズに内定を出せなかったりすることがあります。

なので
「まだかなぁ〜・・・落とされたのかなぁ〜・・」
と悶々と悩むのはメンタル的にもよくないのでこのぐらいかかるんだから、と考えて落ち着いて転職活動に取り組みましょう。

複数同時進行で応募する?

複数同時応募、しましょう。
特に今の時代「これ!」と思う案件に出会ったら迷うことなく応募していいです。

転職エージェントや応募した企業に遠慮して
「やっぱり応募しておけばよかった」
と後悔しても後の祭りです。

少しでも効率よく転職活動を行うためにも気になる案件にはどんどん応募しましょう。

ただし、面接等では正直に
「御社以外にも現在応募しています」
とお伝えしましょう。

これは礼儀というよりも仁義の問題です。
(表現が古いなぁ。笑)

でもこの「仁義を切る」大切さって分かってもらえますよね?

特にビジネスにおいては下手をすれば売上よりも大事な場合があります。

「そんなバカ正直になんなくてもいいよ」

と言う人もいるかもしれませんが、面談して辞退した会社といつどこでビジネスの場面でお会いするか分かりません。

逆にきちんと仁義を切っていたことであなたの貴重な人脈になってくれるかもしれませんよ?

転職活動から「撤退」する時期を決めておく。

これもちゃんと決めておきましょう。
撤退の時期を決めることでダラダラと転職活動にエネルギーを費やすことなく普段の生活に戻ることが出来ます。

転職活動には本当に大変なエネルギーが必要になります。

・職務経歴書の作成や面接のシミュレーション、
・現在の職場でのスケジュールの調整、
・実際の面接、
・慣れない移動に結果を待つ間のストレス・・。

普段の仕事や生活に支障が出ないほうがおかしいレベルです。

転職を絶対に決めないと明日地球が滅亡する!!
なんてことはないわけですから、例えば3ヶ月で決まらなかったら、一旦そこで転職活動から撤退しましょう。

でもこの時点で前の職場を退職して無職だったら・・?
とても落ち着いて「撤退してまた落ち着いたら活動しよう」
なんて考えていられませんね?

そう、あなたのそれはもはや「転職活動」ではなく「求職活動」なわけですから是が非でも職を得なくてはならないからです!!

転職から余裕を持って撤退するためにも現在のお仕事を続けながらの転職活動を強くオススメします。

転職活動は時間をかければいいというわけではない

「いつか理想の楽園のような求人が出てくるに違いない・・」
なんてことを考えている方はいないと思いますが、たまにいます・・。

これは個人的見解ですけど転職ってタイミングだと思うんですね。
で、どんなにいい案件があって向こうもこっちも乗り気で絶対決まる!と思っても決まらない時は決まらない。

あれほど頑張ってて、もう辞めよう、諦めようという時になぜかパッと決まる。
(新卒の就活でもそうだったでしょ?)

だからうまくいかない時は意地にならずに流れにまかせてみる。

意地になって未練がましく転職にしがみつくのをやめて眼の前の仕事に集中してみる。

すると思わぬところから話が来たり、諦めていたところから
「もういちど会えませんか?」
なんてことがあったりするんですね、不思議と。

・期間を決める
・その期間に集中して取り組む
・決まらなかったら潔く諦めて次の機会を待つ

いつまでもクヨクヨするのが一番良くない。
集中してここぞ!とエネルギーを集中して取り組むといい結果が得られるのは普段の仕事でも同じですね。

というわけで、これもひとつの「正しい転職」の極意のひとつと言えるかもしれません。