立つ鳥跡を濁さずに転職しよう。

2018年7月14日

久々の更新です。やはりブログの更新は習慣に
してしまわないといけませんね。

さ、それでは本題に入りましょう。
転職が決まったあなたは意気揚々、同僚からひがみ半分、
羨望の眼差しで見られて気分が悪いはずがありません。

社会人になって久しぶりに味わう「新しいスタート」に
心も弾みます。

でもちょっと待って下さい?
体に羽が生えたように明るい気分でいるのは分かるんですが、
それだけでいいんですか??

『立つ鳥跡を濁さず』

ということわざが昔から日本にはありますよね?
思わず「ドキッ」としたあなた、そう、これが
今日の本題です。

辞める時の挨拶は忘れずに。

転職で辞める時って今の職場でも次の職場の
ことでも、とにかくやることが多くてバタバタ
しちゃいますね。

それでついつい別の部署への挨拶や、出張ばかりで会えない
人、そしてどうしてもソリが合わなくて・・という人への
挨拶を忘れてしまったり、なんとなくスルーしてしまったり
してしまいがちです。

でもいついかなる時でも社会人たるもの『挨拶は基本』です。
立つ鳥跡を濁さずの第一歩は『きちんと挨拶を済ませる』

実際多少気まずい関係になった人とでも、こちらから挨拶に
行ってお礼の一言も言えば、不思議とわだかまりもなくなって
お互い肩を叩き合うような気持ちになるものです。

逆に後述しますが
「こんな職場、こっちからお断りだー!」
と一方的に挨拶もなしに辞めちゃうと、、これはもう戻るに
戻れないし、気持ちにしこりを残してしまうことになります。

「あの嫌な上司や同僚に頭を下げるなんて!!」

わかります、気持ちはすごくわかります!!
でもそこをぐっとこらえて、ここはひとつ気持ちよく挨拶を
して次のステップに進みませんか?

仕事の引き継ぎも忘れずに。

よくネットで、

「引き継ぎまともにやらないで辞めちゃいました」
「引き継がないで辞めたから前の職場からよく電話が
かかってくるけど着信拒否しました」
って記事を見つけたりしますが、

「言語道断」

です。
むしろよほどの覚悟がないとこんなこと出来ないですね。

これはもうほぼ犯罪レベルの所業です、何があっても
あなたの責任です、覚悟しておきましょう。
(これほんっとに迷惑ですからね!!)

と言っても
「引き継ぎたいけど、引き継ぎたい業務が手離れしなくて
出来ないよ!」

というケースもありますね、場合によっては
「このまま新しい職場に行けないのでは・・」
と思ってしまう場合もあります。

そういう時は少しづつ周りの同僚に情報を伝えておくのです。
・担当者さんのこと
・案件の進捗具合
・問題点等

あと同時に「自分はいついついなくなる」というのもそれとなく
普段から言っておくのです。

これは「自分はいなくなってもいい空気を作る」ことで
最低限の引き継ぎと仁義を切っておくための布石作りです。

特にブラック企業の場合、従業員の都合なんて知ったこっちゃ
ありません。倒れようが、次の職場が決まっていようが
お構いなしです。

それでも極力引き継ぎはきちんとしておきましょう。
ここは結構立つ鳥跡を濁さずかどうか評価が分かれるポイントです。

大変でしょうけど普段から少しづつ資料を作っておくといいですね。

送別会でも気を抜かない。

「お酒の席は無礼講」

いえいえ、それいつの話ですか、昭和ですか?
もう平成も終わりますよ。

大体ですね、ビジネスの席では先に酔っ払ったほうが
負けってルールがあるじゃないですか、あれと同じで

「もう最後だから好き放題やったるで〜ウェ〜いww」

なんてことをしてしまったら「転職で立つ鳥跡を濁さず」
作戦が台無しです!

ここは最後まできちんと礼儀を尽くしてお別れしましょう。
逆に酒の席では相手も気を許しますし、

「最後だから」

ということで今まで聞けなかったことを聞いてみたり
噂の真相を確かめてみたり、気になる案件のことを
聞き出したりするなど、貴重な情報収集の場でもあります。

相手にいい印象を与えつつ、欲しい情報もゲット出来る、
さらに

「何かあったら声かけるから連絡先教えてね」

と言わせればもうこっちのもの!
「転職で立つ鳥跡を濁さず」作戦完了です。

でもこの作戦の目的とは・・??

転職してもお付き合い出来る関係を作っておこう。

そう、これなんです!
仕事はお客さんや取引業者さんとのお付き合いが
命運を分ける時があります。

しかし転職では今まで築き上げてきたそうした人脈が
いちどバラバラになってしまうかもしれません。

転職に成功したのは、こうした人脈のおかげで
積み上げてきた仕事の実績のおかげであるにも
かかわらず、です。

技術職の人や、外資系金融業界の人の中には
「人脈なんて関係ない、腕一本で食ったいくんだ」
(表現が古いなぁ・・)
なんて人もいるかもしれません。

しかし転職と言っても今後もずっと会社が安泰と
いうわけではありませんし、発令次第では全く畑違いの
業務に携わることもあり得ます。

そういう時に強い味方になってくれるのが
「今まで築き上げた”人脈”」なのです。

特に強い営業職の人にその傾向が見られますし、
デザイン等の専門職でもやはり常に最前線で魅力ある
案件に関わっている人にこの傾向はよく見られます。

仕事を頼むのって、その担当者の限られた選択肢の
中からしか頼まれないじゃないですか。

それに仕事を受けた場合でも、この案件ならここと
ここに回せばこなせるな、という具合にイメージ
しますね?

仕事を受ける時も
仕事を頼む時も

人脈がないと何も出来ないというわけです。

ただし、こうした仕事の人脈はどこかから勝手に
発生したわけではなく、そこは今まで経験してきた
職場を通じて生まれてきたわけです。

そうなると大事なのは?
そう、あなたの以前いた職場での評判ということに
なります。

例えばあなたがとある案件を受けて
「外注さんのあの人に頼みたい」
と思っていても以前の職場の人から
「あなたと取引するな」
と言われていたら?

あるいはその外注さんがあなたの良くない噂を聞いて
いて
「今後の取引はちょっと・・」
と言われたら?

せっかく高い評価を得て新しい職場に意気揚々と
乗り込んだにも関わらずめぼしい成果をあげられないと
現在の職場でのあなたの評価も下がってしまうことになります。

このように転職と言っても全ての縁が切れたり
人間関係がご破産になるわけではなく、常にビジネスという
場面で繋がっているということです。

そのためにも「飛ぶ鳥跡を濁さず」を肝に銘じて
気持ちよく新しいスタートラインに立ちましょう。

これは「正しい転職」を実践するうえで結構重要です。
是非覚えておいて下さいね!