転職の前に身だしなみチェックは忘れずに。

2018年9月20日

転職の前に身だしなみチェックは忘れずに。

皆さんこんにちは、もう7月になっちゃいましたね〜。
そして・・日本のワールドカップも終わってしまいました!

個人的には久保を中心とした、次世代の代表に期待です。
まずは東京オリンピックですね。

って言ってる間に東京オリンピックも来ちゃうんでしょうね。
年々時間が経つのが早くなって嫌になってしまいます。
(おっと、歳食ってるのがバレる・・)

さてさて、今日の記事のテーマは「身だしなみ」です。
と言うと皆さん
「そんなことは分かってる!何年社会人やってんだ!」
と言われる方がいらっしゃいますが、その常識は本当に
世間の常識ですか?

あなたの職場だけで通用する常識ではないですか?
新卒の時のように、とまでは言いませんが
せっかくの転職活動です、後悔のないように
しっかり準備しておきましょう。

それに身だしなみを整えると気分もリフレッシュ
されて気持ちがいいですよ♫

まずは基本の爪・髪の毛

特に、「爪」です。
ここが汚れているだけで相当汚い印象を受けます。

爪の長さ、汚れは毎日チェックしましょう。
ただ整備士さんや技術系の方でどうしても
毎日汚れてしまう、という方もいらっしゃると
思います。

そういう時は事前に爪を綺麗にする時間を取れる
ように面接のスケジュールを調整しましょう。

長さは白い部分がほとんどない状態が望ましいです。
女性の場合は透明なマネキュアをつけて清潔感を
アピールしましょう。

色付きのマネキュアはあまり感心しませんし
印象もよくありません。

髪の毛のお手入れ

髪の毛はいずれも着色するのはいい印象を持たれません。
それと履歴書に貼ってある写真とあまりに違う外見
なのもよくありません。

履歴書の写真は何年か経ったら撮り直しておきましょう。
髪型もあまり華美なスタイルは避けて無難でナチュラルな
髪型でまとめましょう。

異業種の方は勘違いされている方も多いですが、広告業界や
デザイン系の業界でも、中の人は案外地味なものです。

最初は特に地味めにまとめるのが間違いありません。

余談ですが、そういう場合は「時計」や「靴」、「シャツ」
などの小物で遊ぶのがいいと思います。

とは言え、IT系、特にWEBアプリ系の会社なんて社長が
Tシャツにデニムかチノパンだった、なんてこともあるので
事前にWEBサイトなんか見てドレスコードを調べておくにも
いいでしょう。

でもそれも「入ってから」のお話です。
面接は地味にナチュラルに無難にいきましょう。。