Uターン転職の前に、転職先を確保しておこう。

2018年7月29日

Uターン転職の前に、転職先を確保しておこう。

皆さんこんにちは、ようやく雨も
あがりましたね。

皆さんがお住まいの地域では被害は
なかったですか?

都会に住んでいると情報が都市部の
ことばかりで、ついつい地方のことまで
頭が回らないなんてことがありませんか?

でも地方出身者は
「いつか帰らないと・・」
と頭の中で思っているはず。

今回はそんな「Uターン転職」のお話です。

Uターン転職はお金の予測が難しい

都会と違って、地方では必ずしも電車で
通勤出来るとは限りません。

・バス
・クルマ
・自転車
・スクーター

色んな通勤手段が考えられますし、
交通費の支給の有無、どういう形での
支給なのか。

クルマ通勤でも自分で
駐車場を借りないといけないのか、
費用は出るのか自腹なのか。

そもそもクルマを買わないと生活
出来ない環境にUターン転職するのか、、、etc

都会と違って通勤ひとつとっても予測不能です。

実家から通うのか、物件を借りないと
いけないのか、会社の寮はあるのか
住宅手当は出るのか、、、etc

都会で転職するだけでも考えないといけない
ことがたくさんあるのにいわんや地方とも
なると考えないといけないことが多すぎます!

いくら出身地で年に何度か親の顔を見に
帰っていたと言っても所詮は旅行みたいな
もんです。

それに仕事を決めなくては住まいと決める
ことすらおぼつきません。

確かに一度帰って、落ち着いてからじっくり
仕事を決めたいという気持ちもわかりますが
住まいのこともありますし、ここはやはり
きちんと転職を決めておきたいところです。

「地元だから大丈夫!」
「このキャリアなら安心!」

と思っていても、ずっと暮らしていないと
事情もよくわからないこともありますし、
余所の土地と考えていたほうがいいでしょう。

キャリアも地元の企業が果たして正しく評価して
くれるか微妙なこともあります。

大きなリスクを抱えて何も決めないで
帰るよりはきちんと決めておくのが
Uターン転職のポイントです。

どうやってUターン転職先を探す?

ではどうすれば希望のUターン転職先を
見つけることが出来るでしょうか?

よくやってしまうのが
「移住しませんか?Uターン紹介サイト!」
(まぁ大体こんな感じのニュアンスですよね)
を参考にしてしまうケースですが、あれで
探すのはやめておきましょう。

なぜならあのサイトは
「移住させるのが目的」
であり、
「移住してきた人の仕事を見つけるのが目的ではない」
からです。

冷静に考えれば当たり前ですよね。
やはり「餅は餅屋」ですから、仕事を探すなら
仕事を見つけることを目的とした情報を
活用しましょう。

以下では具体的なネタ元を紹介してまいります。

やはりネットで

まず開いて欲しいのがやはり

Indeed

ですね。
広範囲に様々なキーワードで探せるあの
検索力はさすがです。

探しているうちに思わぬ転職カテゴリーを
見つけることもあります。

特に最近は地方でも出稿する企業も多く
ハロワの情報も拾ってくれるのでまずは
大雑把なUターン転職の希望条件を入力
して日頃から見ているといいでしょう。

Indeed以外となると、

という御三家はやはり鉄板です。

特に「マイナビ転職」の履歴書の添削機能は
オススメです。

またこれらの転職サイトで探す場合
・Uターン歓迎
など、Uターン転職希望者を募集している
案件を見つけるキーワードで探すのも
オススメです。

これらの転職サイトについてはまた後日詳しく
説明しますね。

口コミで

間違いがない・・・と言いたいところですが
逆にUターン転職においてプレッシャーに
なるのもこのパターンです。

義理人情やプレッシャーなんか気にしない!
という方にはいいかもしれません。

ただ、紹介してくれた人はあなたに良かれと
思って紹介してくれても所詮は他人です。
(ご家族の場合でも価値観は違いますよね)

入ってみたはいいものの・・ということにも
なりかねません。

参考にするのはいいですが、あまり紹介して
くれた人の意見を鵜呑みにするのは注意
しましょう。

地元の転職情報誌で

大手転職情報サイトでは拾えない転職情報が
見つかるのがこの地元の転職情報誌です。

・古くからの付き合いでこの転職情報誌にしか
出稿しない。
・大手は高いから出せない。
・なぜか昔からいい人が募集してきてくれるから
信頼している。

等の事情で、目に触れない情報が結構載って
います。

ですので応募した際にも大手サイトと違って
反応も良く、担当者さんも感じ良くて、
トントン拍子に決まったなんてケースも
よくあります。

やはり地元の情報は、地元にあるんですね。

Uターン転職だからと言って特別に考えない

住む場所、働く場所が変わるから、地元に
帰るからと言っても「転職は転職」ですから
そこは履き違えないようにしましょう。

特に転職してからもいつまで都会人ぶって
いると、せっかく決まった職場でなじめない
まま、仕事もうまくいかなくなります。

研究職の方など、勤務先が地方にあるのは
よくあることで、その気はなくても条件の
いい職場を探していたら結果的にUターンに
なった、なんてこともあると思います。

変に夢を見るのではなく、あくまで
「新しい環境で仕事に取り組むんだ」
という意識でUターン転職も成功させましょう。

あなたの「正しい転職」の成功を祈っています。
それではまた。