転職先を決めた理由は「理想の上司」だった? ー リクルートエージェント調べ ー

2018年7月17日

異業種転職

皆さんこんにちは、「正しい転職」です。
「転職先から内定が出た!」
嬉しいはずなんですけど、「本当にここに決めていいのか・・」と
迷ってしまった時、最後に決断させたものは何だったのか?

他の人はどんなことをポイントにして決めたのか
リクルートエージェンシーからこんな調査結果が出ました。
是非ご覧下さい。

Q. 【回答者全体】入社を決めるにあたって、誰からの影響がありましたか?(複数回答)
Q. 【回答者全体】入社を決めるにあたって、誰からの影響がありましたか?(複数回答)
(画像引用元:「転職決定者1200名に聞いた「入社を決める際に、誰から影響を受けたか」 転職の決め手は「人事」より「配属先の上司」-「リクルートエージェント」 転職決定者アンケート集計結果-」以下の図も同じ。)

Q. 【年代別】入社を決めるにあたって、誰からの影響がありましたか?(複数回答)
Q. 【年代別】入社を決めるにあたって、誰からの影響がありましたか?(複数回答)

転職の動機は人に始まり、人に終わる。

やはりミドルは人を見ているんですね。
海千山千のベテランが会社を評価するポイントとして人が
重要だということがよくわかります。

転職って収入や待遇の改善を狙って行うだけでなく、
人間関係の改善やスキルアップも当然含まれるわけ
ですから、ストレスなく気持ちよく仕事が出来て、
人間的にも社会人としても尊敬出来る上司の存在は
大きいでしょうね、納得です。

また、ミドルともなると経営視点で業務を俯瞰する
ようになります。

そうなると当然経営者についても厳しい目で見るように
なります。

自分のこれからの人生をこの経営者に託していいのか、
自分が参加する業務は本当に大丈夫か、シニアは
きちんと見ているわけです。

Q. 【配偶者・パートナーがいる】入社を決めるにあたって、誰からの影響がありましたか?(複数回答)
Q. 【配偶者・パートナーがいる】入社を決めるにあたって、誰からの影響がありましたか?(複数回答)

これは以前「転職について嫁と話す。」にも書いた通り、
奥様に相談なしというのは現実的にありえませんし、
皆さんきちんと奥様の意見を尊重し、大事にされているという
ことですね。

パートナーである奥様が応援してくれるからこそ
家庭も仕事もうまくいくわけですから転職という
人生の一大イベントで奥様に相談しないわけには
いきませんよね。

それと所属長の存在が第2位なのも、いかにも
仁義を重視する日本社会らしいなと思います。

Q. 【性別】入社を決めるにあたって、誰からの影響がありましたか?(複数回答)
(男性と女性で回答内容が別れています)
Q. 【性別】入社を決めるにあたって、誰からの影響がありましたか?(複数回答)

これを見ると男性よりも女性のほうが周りの意見や
人をよく見ているということですね。

その分男性は自分で考え、自分で決める傾向が
強いようです。

友人・知人、親の意見を女性のほうがより重視
しているのも面白いです。

募集してもなかなか人が集まらない企業の方にも
参考して欲しいですね。

調査概要
●実施期間:2018年3月27日(火)~3月31日(土)
●調査対象:株式会社リクルートキャリアの転職エージェントサービス『リクルートエージェント』の登録者で、何らかの手段で2017年8月~2018年1月の期間に転職をして、正社員または契約社員として働いている方
●回答数:1,201名
●調査方式:webを使用したアンケート

スポンサーリンク


引用元
転職決定者1200名に聞いた「入社を決める際に、誰から影響を受けたか」 転職の決め手は「人事」より「配属先の上司」-「リクルートエージェント」 転職決定者アンケート集計結果- | プレスリリース | リクルートキャリア – Recruit Career