こんにちは、「正しい転職」です。
転職の理由のひとつに「憧れの仕事に就きたい」というのがありますね。

・出版に関わる仕事
・映画に関わる仕事
・アナウンサー
・パイロット
最近だとユーチューバーですか?
私はなんかピンとこないんですが。

ただ、絶対転職しないとなれない仕事もあれば、Wワークで経験出来る仕事もありますね。

今日はそんな「Wワーク」の話題です。

「Wワーク」って何?

「副業じゃないの?」
「アルバイトのことをかっこよく
言ってるだけでしょ?」

んまぁ・・そうですね。。
否定はしませんわ。。

とは言え最初からこのブログを順序よく読んでる人なんていないと思うので、
(いたら五体投地でお礼申し上げますわ)

簡単に言うと「両方」の意味を指します。

アルバイト、パート、自宅での作業などその仕事に「本業、正社員」として従事していない仕事のことを指す、という理解でいいと思います。

ぶっちゃけ「転職業界の作った造語」です(笑。

でもなんとなくイメージしやすいしわかりやすいし、いいんじゃないでしょうか?

実際最近は「パート・アルバイト募集」と合わせて応募条件に「WワークOK!」がついている案件も多いですね。

これはやはり応募する際にウケがいいし、わかりやすいからでしょう。

少子高齢化による人手不足のせいとは言え、日本でも「Wワーク」が増えつつあるのはいいことだと思います。

「Wワーク」のメリット

これは沢山あります。
もっと皆さん「Wワーク」にチャレンジしたらいいのにと思います。

・お給料以外の収入を得られる
・本業以外のお仕事のスキル、経験を得られる
・他業種の内情を知ることが出来る
・転職につながる経験を積める
・社会人としての幅が広がる
・職種によっては資格を取得出来る

思いつくだけでもこれだけあります。
実際私が過去に「Wワーク」を経験して得たものは大きかったです。
(収入も含めて)

現在本業で「Wワーク」で経験した業界の案件が来ると企画なんかもスイスイ進みます。

あとは「お給料以外の収入を得られる
この安心感は大きかったです。

今の時代お給料が上がるというのはなかなか難しいです。

そのためどうしても将来に向けて不安を感じてしまうことが多かったんですが、「Wワーク」を始めてみたら逆に
「あ、あそこでも働ける。ここでも働ける」
と可能性に気がつくことが多くなって気分が明るくなりました(笑。

例えば深夜のコンビニで働いている同年代の
人を見ると
「この人昼間はどんな仕事をしてるんだろう?」
「どうやって両立させているんだろう?」
と興味を持つようになりましたしね(笑。

それとこれは新卒の時の上司に言われた言葉なんですが、

会社以外の居場所を見つけるように。

これは未だによく覚えていますし、その通りだと思います。

「Wワーク」だとこれが出来るんですね。
本業で辛いことがあっても「Wワーク」が楽しい職場だったらなんか気が楽になるし逆に「Wワーク」をなんらかの事情でしなくてはならなくて、しんどい時、辛い時に
「本業を楽しんで頑張ろう!」
と思える。

一所懸命もいいんですが、やはりどこかに息抜き出来る場所は必要ですしどうせならSNSで愚痴るよりお金が稼げるほうがいいじゃないですか。

「Wワーク」を通じて仕事を知ろう

それでようやく今日の本題なんですが、
(長いな)
収入以外のメリット、

・本業以外のお仕事のスキル、経験を得られる
・他業種の内情を知ることが出来る
・転職につながる経験を積める

これを転職する前に「Wワーク」を通じて知ってみようということです。

確かに転職しないと出来ない仕事もありますが、例えばデザインの仕事なんて転職しなくてもネットを使って応募すればいくらでもあるわけです。

あとは勇気と根性とスキルで乗り切ればそれは立派なプロの仕事としての実績になるわけです。

ネットが無理なら「Wワーク」で飲食業の仕事を経験してみるとか、倉庫の仕事をしてみるとか、品出しの仕事とか。探せばいくらでも出てきます。

そうすると今までイメージするしかなかった仕事についてより具体的に分かってくるわけです。

・自分に向いてた向いてなかった
・楽しかったつまらなかった
・体力のいる仕事だった、集中力のいる仕事だった、、、etc

こういうことって、実際仕事でやってみないと分からないことのほうが多いです。
学校に行っても「仕事」として取り組むわけじゃないから本当のところまでは分からないんですね。

そして経験して思うこと、感じることが色々あると思うんですが、そこで初めて

では次にどうするか
を決めればいいんです。

・このまま「Wワーク」のままでいい
・面白い、もっと極めていきたい
・資格を取るために勉強しよう
・この仕事に転職するために転職活動を
始めよう。

などです。

もし「本気でこの仕事に取り組もう!」
と思って転職活動に取り組んだ際に転職の際のモチベーションにもなるし志望動機にもなりますね。

それに社会人になってからインターンシップは難しいし(あるのかもしれませんが)転職はやはりリスクが大きいですから、リスクヘッジの意味でも「Wワーク」で自分に向いているかどうか、だけでもチャレンジしてみるといいと思います。

そう考えるとやはり「Wワーク」のメリットって大きいですよね。

「Wワーク」はこれからのスタンダードになるか?

なると思います、間違いなく。
これは断言します。

もちろん「する・しない」はあると思いますがもう実際「Wワーク」前提で色んな仕事を募集してます。

「仕事は何?Wワークは何してるの?」

ということが当たり前になります。

で、「Wワーク」が出来ない会社は人が集まらなくなっていって、人件費を上げるか、事業を畳むかの二者択一をせざるを得なくなるでしょうね。

以前なら「Wワーク」が考えられなかった業種、
例えば

・運送業
・倉庫業

など、ある程度専門性が求められる業種でも「Wワーク」の応募が見られるようになってきました。

もしかしたら今まで転職しないと出来なかったあの仕事も「Wワーク」で就けることが出来た、なんてことになるかもしれません。
実際ハードルはどんどん下がってます。

転職じゃなくて「Wワーク」、そんな時代はもうすぐそこまで迫っているのです。

それではまた。