こんにちわ、「正しい転職」です。
なんか訳のわからない台風が近づいてきていますが、皆さんがお住まいの地域は大丈夫ですか?

災害の被害に遭わないためには正しい情報が大事です。正しい転職と同じですね。

ところで転職における正しい情報とは何でしょうか?
ひとつはこうした「正しい転職」のような転職ブログなどのインターネットの情報。

もうひとつが先に転職した友人や同僚先輩などの口コミ、人脈による情報。

そしてもうひとつが、転職情報のプロである「転職エージェント」からの情報です。

今日はそんな「転職エージェント」に関する情報です。

転職情報はやっぱり会うのが一番



いきなりこのブログを否定することを言ってますが(笑、でもこれは本当です。

下調べは大事ですが、鵜呑みにするのは違いますね、それと同じです。

実際に転職活動をやってみないと分かることも分かりません。

以前「転職業界図鑑:運送業界は人手不足」で
紹介しましたが、

事前にネットで色々調べて下調べをして実際に行ってみた運送会社さんの印象が全然違ったのは自分の中でも新鮮な驚きでした。

これは面接で担当者さんにもお伝えしたんですよ、
「失礼ですが、、」
と。

そしたら
「所詮ネットは書くだけですからね」
とあっけらかんとしたものでした(笑。

運送会社さんもそうしたネットの質問サイトや情報に慣れっこになっていたんですね。

地場の運送会社さんでもそうなんですから、いわんや全国の色んな会社をネットだけで正しく判断するなんて、100%無理なんです。

「えっ、、でもブラック企業かもしれないし
自分だけで転職活動するのは不安だし怖い。。」

という方が大半ですよね。
そういう時に活用するのが
「転職エージェント」
なんです。
(お、なんかようやく転職ブログっぽくなってきましたね。)

次の章では「転職エージェント」について私の経験も踏まえてご説明していきましょう。

そもそも転職エージェントって?



簡単に言うと転職活動のサポート、お手伝いをしてくれるアドバイザー的な存在のことです。

転職活動って、やることが多いですよね。

・履歴書を作り
・職務経歴書作り
・情報収集
・面接のアポ取り
・決まってからの条件固め

など、本当にもうやること多くてうんざりするんですが、これらを手伝ってくれるんですね。

もちろん相談から転職が決まるまで利用料は無料です。
これは求人を出している企業さんから転職エージェントさんが紹介した志望者が入社したらいくら、という成果報酬型のビジネスモデルだからです。

なので遠慮なく利用しましょう。

転職エージェントさんは常に転職業界の真っ只中にいるプロですから、最新の転職事情については当然精通しています。

そうしたプロの目から見て、あなたの現状とスキル求める企業とを無料でマッチングしてくれるんですから、使わない手はないですね。

それにプロに相談することのメリットとして
・自分では気が付かなかった強みを知った。
・今まで自分は相手にされないだろうと
思っていた企業とマッチングされた。
・今の環境が恵まれていることに気がついた。
・逆に自分が転職市場でキャリア的に価値が
ないことに気がついた。

など客観的な視野でアドバイスしてくれることはすごく大きなメリットです。

その転職、ちょっと待って!!「面談した3人に1人は転職すべきでない」

「自分一人で転職活動をするのは不安だ」
という方、特に

・内勤者
・初めて転職する方
・ミドル転職を希望される方

は是非転職エージェントを利用されるといいと思います。

右も左も分からないところから親切に色んなことを教えてくれます。

ただ、そうは言っても転職エージェントさんも万能ではないので、次の章ではそのあたりについても触れていきましょう。

転職エージェントも得意分野がある



一番最初の転職の時、私も転職エージェントを活用しました。

当時はSE2年目でまだ新人も新人、ロクな経験もスキルも持ってないド新人だったんですが、不思議な縁でWEB業界に転職するという希望を持っていました。

ただ、、

・内勤者だったこと
・田舎から就職でお江戸にあがってきて不安だったこと
・プロのアドバイスを聞きたかった
・メールのやりとりの印象が良かったこと

から相談に来たんですね。
担当の転職エージェントさんは白髪の人あたりも穏やかな人でした。

ただ私の経歴を見て、

「このまま中途半端に転職しても、またすぐ辞めるだろうしもう一度SEとしてキャリアを構築したほうが将来のためになる」

とは考えてなかっただろうし、言ってもくれなかったんですが(笑、私が希望するクリエイティブ業界の会社ではなく、システム系の会社ばかり勧めるんですね。

確かにWEBに関しては素人だったし、経験はなかったですが、それを言い出したら何もできません。

結局その転職エージェントさんは利用せずに自力での転職活動を行うこととしました。

なぜこんなことが起こるのかというと、
「転職エージェントさんにも得手不得手があるから」に
ほかなりません。

・得意な業界
・得意な業種
・持っている人脈、経験

こうした事情により、自分の希望と違う得意分野を持つ転職エージェントさんが担当者さんになってくれた場合、当然ミスマッチが発生します。

転職エージェントさんもずっと転職エージェントの仕事をされている方ばかりではなく、転職エージェントさん自身が転職されているケースがほとんどです。

相談していて
「なんか違うなぁ」
と思ったら、正直に言って担当者さんを変えてもらうか、あるいは利用する転職エージェントの会社を変えてみましょう。

きちんと自分の希望を伝えておけばルール違反ではありませんから大丈夫です。
その際当然ですが、社会人としてのマナー、挨拶を守りましょうね。

こんな転職エージェントはやめておこう



ここまで読まれてきた方はピンときたかもしれませんが、そうなんです、転職エージェントさんにとって、私たち転職者は「商品」なんです。

多分理想は
・いかに手間暇かけずに、顧客の会社に転職して
もらうか。
これが勝負なんだと思います。

でも頭では分かるけど露骨にこれやられたらちょっと面倒です。

どういうことかというと、

・こちらの希望をちゃんと聞かずに次々に会社を紹介され、面接を受けさせようとする。
・会社都合でどんどん面接を受けさせられる。
・履歴書作りや職務経歴書作りのアドバイスなど全くしてくれない。
・受けさせようとする企業の情報を教えてくれない。
・数社受けても決まらないと、放置される。

なんでしょう、完全にこれ商品扱いですね(笑。
こんな転職エージェントさんは全くあなたのことなんて考えていません。

頭の中にあるのは月末の売上のことだけです。
何か違和感を覚えたら、転職エージェントさんを変えてもらうか、転職紹介会社を変えましょう。

転職活動で役に立つのは意外とあなたの
「何か変」
あるいは
「ここは良さそう」
という”直感”です。

そしてその直感は大体当たってます。

転職活動における直感を磨くことも「正しい転職」を実現する上で大事なことです。

是非転職エージェントさんとの相性も含めて「正しい転職」を実現する直感を育てていきましょう(笑。

それではまた。