こんにちは、正しい転職です。
今回の記事でついに記念すべき50回目となりました!
これからものんべんだらりと、正しい転職のための記事を書いていこうと思います。

さて、そんな記念すべき50回目の話題は”クリエイティブ業界”について語っていこうと思います。

私も業界の片隅で細々と生きてきたんですがまさかここまで続くとは思ってもいませんでした。

と同時にこの業界って変わらないなぁ(笑、と思うことも多々あります。

これからクリエイティブ業界への転職を目指す方に少しでもお役に立てるべく、私の思うところを語っていきたいと思います。

ずっと勉強、引退するまで勉強

これはクリエイティブは覚悟しておいて下さい。

新しい技術や流行り、マーケティングの考え方、市場の動向、商品の流れ、あらゆることを常にキャッチアップしておかないと仕事にならないからです。

「きれいなオフィスでMacを使ったオシャレな仕事♪」

なんて思ってんのは何にも知らない頭ん中お花畑の学生さんだけです。

WEB業界においてはこれにテクノロジーのことも必要ですから余計に大変です。

ここだけの話、私GitHubやLESSを使いこなせていません。。
(マジです、、ヤバい、、)

確かになくてもやってはいけるんですが、ついに
「あ、理解出来ない、使いこなせない技術が出てきた」
という焦りと、置いていかれたという孤独感はちょっと言葉で言い表わせないものがあります。

もちろん、全部が全部きっちり頭の中に入れて技術も完璧に習得しておかないといけないということではありません。

ただ得意な分野、専門分野はきっちり習得しておく必要はありますから、仕事の時間以外にも自宅で休日に勉強するとか、普段からネットで情報収集に務めるという普段からの努力は必要となります。

そうじゃないとあっと言う間に世間から取り残されます。

「そうなってもお給料もらえるならいいじゃん♪」

と思ってるあなた、本当にそう思います?
そんな”使えない奴”を置いておくほど会社に余裕があると思います?

スキルもないタダ飯喰らいは速攻で肩たたきに合いますよ?

ただ一度「こいつはすごい!」、「こいつじゃないとダメだ!」と思わせたらもうこっちのものです。

社内からは重宝され、その後も順調に出世していけるだろうし、少なくとも「社内で干される」なんてことはないでしょう。

そのためにも”日々勉強”は欠かせない業界なのです。

やっぱり長い拘束時間

一時電通の女性社員が自殺されて、この業界も世間の注目を浴びましたが、我々からすると

「え?勤務時間普通でしょ?なんで??」

という感じでして、正直唖然としてました。
つーか電博はじめ、東京の代理店なんて夜の10時過ぎから会議なんて日常茶飯事でしたし、私もホリエモンさんの会社に入った時なんかその日に徹夜でしたし、まぁ普通なんですよね。

ただ最近の若い経営者さん達の会社はそんなこともなくてほぼ定時、遅くとも19時には退勤という状況になっているそうですが、古い体質の会社だと、未だに帰りは終電が当たり前です。

また締め切り前は当然残業も続きますし忙しさも普段とは比べ物になりません。

これはクライアントが無茶を言ってくるせいなのもあるんですが、断れないんですよね〜・・。

最近特にブラックで気をつけて欲しいのは、

・WEB広告代理店
(グーグル広告、ヤフー広告)

・WEB求人広告代理店
(マイナビ、リクナビの代理店)

ああいうところはコミッション制ですから営業は相当つらいです。

しかも営業〜取材〜入稿まで全部やらないといけないところなんて相当大変みたいです。

制作系も辛いですけど、代理店も相当辛い、顧客に面と向かう必要がある代理店のほうが付き合いもこなさないといけないので拘束時間もそれ相応に長くなりますから覚悟しておきましょう。

お給料もやっぱり安い

安いですね(笑。
それとなかなか上がらない。
同年代と比べても安いです。

業界全体でみると売上は上がっているんですがそのぶん競合も増えてきてますんで、お給料には反映されにくいです。

管理職か上のポジションに行けば少しはマシになりますかね。

ただあまり期待はしないようにしましょう。
この業界は離職率も他業界に比べて高いです。
つまりそういうことです。

歳食ってくると辛い仕事

これはね〜、私も他人事ではないんですけど身近に歳だけ食っちゃいました、、っておじさんを見ちゃうと身につまされるものがあります。

最初の話題に戻りますけど、技術の流行り廃りがとても頻繁に起こる業界ですから会社のなかで
それなりのポジションにいないと、

・お給料は安いまま
・勤務時間は長いまま
・体力が追いつかないから若い人に負ける
・仕事も体力も置いていかれる

という悪循環に陥ってしまいます。
なので若い時に多少無理してでも、自分の中に柱となる技術と経験と、可能ならば人脈を作っておくことが大事です。

いつまでも自分は若いつもりで
「生涯現役クリエイターです!」
と言っても使ってもらわないと仕事なんて先細りですからね。

「あの人も昔はいいデザインしてたんだけどな〜」

なんて話は沢山聞きますよ、その度に寂しい気持ちになっちゃいます。

その分、若くて新しい技術を身につけていて、新しいトレンドを掴んでいて、やる気のある若い人にはチャンスが沢山転がっている業界である、とも言えます。

実際私は若い時にそうやってチャンスを掴んでキャリアをスタートさせることが出来ましたから。

ただいつまでも同じ場所にあぐらをかくのは危険ですよ、ちゃんと冷静に自分のことを客観的に評価しないと足元をすくわれる危険が大きい業界であることは常に頭の中で覚えておいて下さい。

クリエイティブ業界もようやくネットが本領を発揮して大きく変わろうとしています。

是非若い人の情熱をクリエイティブ業界で発揮して下さい、
あなたの挑戦をお待ちしています!

それではまた。