クリエイティブの転職を転職サイトIndeedで活用する。

皆さんこんにちは、「正しい転職」です。
IT業界の転職でIndedeを活用する方法をご案内しましょう。

と言ってもここ数年でIT業界もクリエイティブ業界と同化してしまったようなところもありませんから特にこれといって難しいこともありません。
(昔はエンジニアがMac片手に仕事するなんて考えられませんでしたからね。。)

強いて言えばどんなキーワードで探すかでしょうか?
開発言語だったり、業界だったり、ポジションだったり、同じIT業界でも目指すところは色々ありませんからね。

どんなキーワードをIndeedで探すか?

まずは開発言語で探してみましょう。

Python
Ruby
PHP
Java
GO
C++
VB
iOS
Android
Swift

こんなところでしょうか?勤務地は「全国」とします。

Python・・9,413件
Ruby・・8,693件
PHP・・24,607件
Java・・34,710件
GO・・34,710件
C++・・14,271件
VB・・10,335件
iOS・・7,908件
Android・・10,840件
Swift・・2,956件

やはりネット系は求人数が多いですね。
既存のシステム会社でこうした言語を使っているケースはあまり考えられませんからネット系の企業がIndeedをよく利用しているということでしょうね。

別の転職サイトではもっと違う傾向の言語や求人が見られるので、これはIndeedの傾向でしょうね。

業種によって相性のいいメディアというのは当然ありますから、「こういう業界を狙いたい」というならその相性のいいメディア、転職サイトを利用すべきでしょう。

Indeedは目的に沿ってシンプルに求人情報を検索出来ます。

最初は簡単にざっくり調べてみましょう。
そうすると気になる業界や会社が見つかります。

それを繰り返すことで自分が行きたい会社や業界の傾向が見つかります。

ただIT業界の場合は、
・仕事として取り組みたい業界
・やりたい仕事(委託か、サービス開発か、常駐か)
・取り組みたい言語
をある程度決めてから探すといいでしょう。

また、最近の業界の傾向もIndeedで探すことでつかめてきます。

今すぐ転職する気はないけど、今自分が取り組んでいる仕事は今後も価値があるのか占う意味で調べてみるのもいいでしょう。

Indeedは豊富な求人情報をシンプルに検索出来ますから工夫しだいで色んなことを調べられますよ。

Indeedで働き方も探してみよう

キーワードに「php」、勤務地の欄に「在宅」と入力してみました。
すると「24,590件」がヒットしました。

勤務地の欄には必ずしも地名を入力する必要はありません。

IT業界、クリエイティブ業界のように在宅やリモートワークが可能な業種であるなら入力して案件を探してみましょう。

ちなみに
キーワードに「php」、勤務地の欄に「リモートワーク」ではヒットはありませんでした。

しかしこれも「リモートワーク」を採用する企業が増えてくればヒットされるようになる可能性があります。

「今後はフリーのエンジニアとして働きたい」
「結婚して子供を生んだけど復帰したい」
などという人にも可能性がありますね。

Indeedで見つけてもちゃんと企業のことは調べよう

最近あるネット記事で見つけて関心したことがあるのですが、社員の誕生日パーティーの様子など華やかな社内の様子をホームページに載せているのは一見すごくいい会社のように見えるけど、その実ただの社長の自己満足で、社員は皆さん辟易しているというのですね。

確かにあの会社もそうだなぁ・・と取引先の会社をいくつか思い浮かべてしまいました(笑。

Indeedは「探すのはいい」んですね、「知る」には物足りないのです。

特にIT企業を探す場合には注意が必要です。
大手だからといって安心というわけではないですし、ちゃんとスキルや経験を積めるかどうかも大切なポイントです。

どんな実績を積んでいるのか、どんな言語で開発しているのか、新規事業に取り組んでいるならきちんと継続しているか、新規事業を立ち上げてはすぐに閉じたりしていないかなど、持続的な経営と技術開発が出来ているか判断するのが大事でしょう。

Indeedの場合はあくまで企業を知る「きっかけ」に過ぎません。

ある程度転職したい企業のリストが出来上がったら焦らずじっくりそれらの企業について調べてみましょう。

あとネット系企業や、デザイン系企業なんかも最近はWEBエンジニアを募集していることが多いので転職先としてリストアップするのもいいと思います。

WEBはどんどんデザインとシステムが融合していますから大きい会社でなくても新しいことに取り組もうとしている企業ならきっといい経験が出来るでしょう。

そういう会社は特に自社の採用ページもしっかり作ってIndeedを賢く活用している企業が多いですから相性もバッチリです。

休日や帰宅後にゆっくり転職先を探すにはIndeedはぴったりです。

是非Indeedで「正しい転職」を実現して下さい。
それではまた。