皆さんこんにちは、正しい転職です。
Indeedは介護職の検索でも有効です。

介護の仕事は数が多いですから逆に探すのが大変!と思うことはなかったですか?

Indeedでも大変なのは大変なんですが、より効率よく探すことが出来るということですね。

ただし、いくらIndeedでもいくつかコツは必要です。

Indeedで介護職を探す時のコツについてご説明していきましょう。

介護のキーワードは明確にしよう。

キーワード欄に「介護」と入れてみました。
すると、

介護
介護職
介護職 パート
介護職員 夜勤専従
介護職 夜勤
介護職 正社員
介護職 夜勤専従
介護職員 デイサービス
介護職員 オープニングスタッフ
(飲食店か!)
介護職員 ヘルパー
介護職 無資格

など沢山のキーワードが出てきました。
最初にも書いた通り、介護職の求人件数は膨大です。

シンプルに求人を検索出来るIndeedではそのシンプルさが仇になって絞り切ることが難しくなります。

ですのでここで大事なのは、キーワードの段階で希望を絞っておくことです。

介護職の資格を持っているのか、いないのか、
経験があるのか、ないのかで業務に対する
知識は変わってきますが、ここで
「求人があり過ぎてよく分からない〜」
となるようでは、納得のいく求人にたどり着くことは出来ません。

最初はネットでもいいのである程度下調べをして介護職についての知識を身につけておきましょう。

それでもよく分からない場合は最寄りのハローワークに相談してみるのもいいでしょう。

特に求職者の登録をしなくても窓口で相談に乗ってくれますよ。
(※ただし自治体によっては正規の手続きを取らないと相談に乗ってくれない場合もあるので事前に電話で確認しましょう。)

それと介護職は勤務の幅も広いですし、無資格、未経験の人でも介護職に携われるように仕事を細分化してします。

先程の「介護職員 夜勤専従」なんて最たるものですね。
事業所によってはこの夜勤をさらに細かく分けているところもあるくらいです。

ですので漫然と「介護の仕事がしたい」というだけでなく、ご自身の「働きたいスタイルを決める」ことが介護職における「正しい転職」を実現する大事なポイントになってきます。

働きたいスタイルを明確にしよう。

正社員で働きたいか、
パートで働きたいか、
夜勤だけやりたいのか、
昼勤もオッケーか、
調理だけしたいのか(結構重要です!)、
送迎の運転だけしたいのか(これも結構重要です)、
昼勤なら残業はどこまでオッケーか、
通勤は電車かクルマか?

など、介護職は選ぼうと思えばいくらでも条件に合った仕事を選ぶことが出来ます。

独身なのか既婚なのか、
男性なのか女性なのか、
資格はあるのかないのか、
収入はどのくらい必要なのか、

人それぞれ色んな事情がありますよね。
介護職はキツいから人手不足であり、常に求人が絶えない仕事ですがそこを逆手に取って、割り切ってしまえばいくらでもあなたの条件に合った仕事が見つかる可能性が高いです。

ですからIndeedで介護職を探すならこれからの生活の中でどんなスタイルで仕事をしていきたいのかを家族やご自身の中で考えてみましょう。

とは言っても例えば夜勤専従でも、前日の夕方5時から朝9時までの勤務となったら結局1日潰れてしまって、お昼も働くことは難しくなりますね。

しかし、夜10時からの勤務で朝6時までまでだったら、午前中に寝るか、頑張って夜まで起きていれば何か出来るし、夜勤は連続することはありませんから、翌日は休めますね。

普段のパートの仕事と、副業で介護職の夜勤を入れれば、パートの掛け持ちでも効率よくお金を稼ぐことが可能です。

同じ「介護職の夜勤専従」でも勤務時間、仕事内容だけで全然稼ぎ方や働き方が変わってきます。

それに働き方を決めておけば勤務先を選ぶ基準になるばかりか、面接の時でも受け答えが明確になり好印象を与えられます。

受け身でいるだけでなく、働く条件をきちんと決めるのも大切なんですね。

介護はホームページがあるところが少ないので注意。

最後に補足ですが、Indeedで見られる介護職の求人内容について、ほとんどの事業者がIndeedの求人情報ページをそのまま使っています。

介護職はお給料はいいのですが、比較的小規模な事業者が多いこと、それと数年前に介護報酬の改定などで、お金があまりない事業者が多いです。

ですのでホームページを持っていなくて、せいぜいアメブロを運営している事業所が関の山。

しかも広報用ではなく、主にデイサービスが家族の報告用に使っているケースがほとんどです。

ホームページを持ってきちんと求人活動に取り組んでいる事業所はほとんどが法人が主体になっていると考えていいでしょう。

小規模な事業所がいいのか、法人による大規模な事業所がいいのか、それは正直働いてみないと分からないことがありますが、いずれにせよ事業所の実態はIndeedの求人情報では掴みにくいのが実体です。

ですのであとは
・自分でホームページを探してみる
・他の求人サイトで情報を探してみる
などの情報の補足が必要になります。

ただIndeedは「求人検索エンジン」ですからそこは割り切って利用すれば大変使いやすい求人サイトです。

是非Indeedを使って「正しい転職」を実現して下さい。

それではまた。