こんにちは、正しい転職です。
ここ最近マイナビさんの転職サービスの紹介が続いてますが、いや、最近のマイナビさんのサービスの充実度はすごいですね。

正直勉強不足でした。

「もしかして?」
と思って探してみたら、やはりありました、

介護職の転職なら【マイナビ介護職】

介護職も転職エージェントを利用出来るようになったんですね!

でも介護職って事業所の数がとても多いですし中には正直(これは・・)と思える事業所もなくもないのが現状です。

ですので働く側として、

・環境も
・お給料も

納得して働くためにもこの「マイナビ介護職」を活用して正しい転職を実現して欲しいと思います。

関東にお住まいの介護職の皆さん「マイナビ介護職」を利用しよう。

介護職の転職なら【マイナビ介護職】

IT系、クリエイティブ系と違って介護職の皆さんは「転職エージェント」という存在に馴染みが薄い方も多いことと思います。

今の事業所に不満があったり、いざ転職しよと思ってもうまくいかないことが多いですね。

転職エージェントはそんなあなたに代わって転職先を見つけたり、応募書類を添削してくれたり、面接の指導や段取りを全部無料で行ってくれるサービスのことなのです。

介護職といっても色んな資格がありますね。
マイナビ介護職ではこんな資格を持っている人を応援しています。

・介護福祉士
・ケアマネージャー
・社会福祉士
・社会福祉士主事
・ヘルパー1級
・ヘルパー2級
・介護職員初任者研修
・実務者研修
・精神保健福祉士

またマイナビ介護職は
「会うことで仕事で何を目指すのか明確にする」
ことをモットーとしているので、以下の地域にお住まいの方々を対象としています。

・東京
・神奈川
・千葉
・埼玉
・群馬
・栃木
・茨城
・岐阜
・静岡
・愛知
・京都
・大阪
・兵庫

これらの資格、地域は介護職の需要が高いものばかりですから、こちらの条件に当てはまる方はぜひマイナビ介護職を利用してみて下さい。

介護職だからこそ転職エージェントを利用しよう。

介護職の転職なら【マイナビ介護職】

介護職の皆さんが転職しようと思った時に一番に悩んでしまうのが

「どうすればいい転職先が見つけられるか」
ではないでしょうか?

介護職は事業所の数も多いですし、同じエリアに複数の事業所がありますから実際内情がどうなっているのかわかりにくいですね。

だからこそ「マイナビ介護職」の転職エージェントを利用して欲しいのです。

マイナビ介護職のキャリアアドバイザーは「求人情報の読み方」からレクチャーしてくれます。
どこに注目して求人情報を読むべきか、そのためのポイントをキャリアアドバイザーがレクチャーします。

ですので仮に就業しても「思ってたのと違う」といったミスマッチを減らすことが出来ます。

また、自分では言い出しにくい給与・年収や勤務条件などの交渉も代わって進めてくれます。

余談ですが、他業種では当たり前だったこうした転職エージェントのサービスを介護職もようやく普通に利用出来るようになったのかと思うと正直感慨深いものがありますね(笑。

当然転職活動ですから一回でうまくいかないこともありますね。

でもマイナビ介護職はあなたの転職先が決まるまで転職活動をサポートしてくれます。

だからこそマイナビ介護職は「実際にお会いすること」にこだわっているんですね。

介護職もワークバランスを大切にする時代です。
どうぞ遠慮せず転職エージェントにあなたの希望をお伝え下さい。

資格を失効した方は、ぜひ資格の再取得を目指そう。

介護職の転職なら【マイナビ介護職】

資格を失効した方は「資格の再取得」をしましょう。
待遇やお仕事の幅が全然違いますよ。

こちらは東京都の例ですが、再取得のための講習を行っています。

再研修|東京都介護支援専門員|公益財団法人 東京都福祉保健財団

事業所によっては、再取得のスケジュールや費用も負担してくれるケースもあります。

また、マイナビ介護職を利用して転職エージェントに
「資格の再取得を目指したい」
「資格の再取得を事業所で負担してくれそうなところを紹介して欲しい」
と相談するといいですね。

当然転職エージェントさんはそうした希望に沿った事業所を探してくれるし、折衝も全部お任せで進めてくれます。

事業所としてもただ「給料をあげてほしい」という漠然とした要望ではなく「資格を取得して積極的に仕事に取り組みたい」という前向きな理由ですから相談に乗ってくれる可能性は高いと思います。

ただ、こうした交渉も個人ではなかなか難しいのが現状です。
でも転職エージェントを利用するなら気軽に相談出来ますね。
しかも介護職専門の転職エージェントを揃えたマイナビ介護職なら、専門家の視点と経験からこうした細かい要望にも親身に相談に乗ってくれます。

ぜひマイナビ介護職を活用して正しい転職を実現しましょう。

それではまた。