転職活動で得られる精神的な余裕

こんにちは、正しい転職です。

皆さん、今日は月曜日ですね。
会社に行くのが楽しみでしょうがない!っていう人はこのブログの読者の中で何人いらっしゃるでしょうか?
でもそんな気分も正しい転職を行えば抜け出すことが出来ますよ。

自分が壊れる前に転職を!

「ここで頑張らないと未来がない」
と思い詰めていませんか?

社会人経験が少なかったり、転職経験がなかったり、責任感のある真面目な方はついそう思いがち。

でもそんなことはありません。
未曾有の人材不足のこの時代、働ける場所はいくらでもありますし、もっと評価してくれる転職先もたくさんあります。

ストレスや心の病気を抱えていませんか?
仕事なんてあなたが壊れるまで取り組むようなものじゃないんです。
あなたがいなくなっても会社は何事もなく回るのです。

あなたが壊れてしまう前に転職して新しい環境を手に入れて下さい。

転職するのに誰かに遠慮する必要なんてない!

さっきの繰り返しになりますが、職場の誰かに遠慮してませんか?
後輩や同僚が頑張っているのに自分だけ・・なんて思ってませんか?

確かに仕事のヤマ場ではそんな連帯意識も大事です。
そこで培った経験は、将来のキャリアにおいて貴重な経験となってくれるでしょう。

でも
・仕事そのものが合わない
・職場環境が合わない、無理
・会社の考え方についていけない
・人間関係が苦痛でたまらない
・給料が割に合わない
・休みがない、仕事がいつまで経っても終わらない
・朝起きるのが苦痛だ

といった、「頑張ってもどうしようもない」は本当に環境を変えるしかどうしようもないのです。

遠慮はいりません、転職してあなたが生き生きと働ける職場を手に入れましょう。

自分はどこでも働けるんだという自信と余裕を持つ

今までは日本社会は定年まで面倒をみてくれる終身雇用制度が前提となっていましたが、今や影も形もないですね。
(どこかにあるのかな?案外地方の隠れた優良企業には残ってるんですよね)

転職活動で
・転職エージェントに会ってみる
・転職サイトに登録する
・実際に面接を受けてみる

など情報収集をしてみると

「あ、こんなに仕事や職場ってあるんだ」
とびっくりすると同時に視野が広がることでしょう。
そうなんです、まさに転職活動で得られる余裕ってそこなんです。

「ここが嫌になっても他にも仕事あるしな〜」
「なんかあったら辞めればいいや〜」
と思うのと、記事の冒頭に書いたように

「もう、ここを辞めたら私は生きていけない・・」
と考えるのとではどちらに精神的な余裕があるでしょうか?

会社はもはやあなたを守ってくれる時代ではないし合わないから辞めるのはあなたが悪いわけではないししょうがないのです。

でもすぐに辞めるわけにいかない事情もおありでしょう。
辞めたいけど、辞められない、辛い・・。
と思いつめる前にまずは「転職活動」で精神的な余裕を手に入れてほしいのです。

転職を後ろ向きではなく前向きにとらえて、余裕をもって日々のお仕事に取り組んで下さい。