異業種転職にチャレンジしてみよう。

こんにちは、「正しい転職」です。

みなさん転職活動は順調ですか?
ところであなたの次の転職先はどんな業界でしょうか?
今の勤務先と同じ業界ですか?
あるいは思い切って全くの異業種転職でしょうか?

異業種転職はお早めに。

転職活動をしていて異業種転職に挑戦しているとどうしても前職の印象が強いのでなかなか決まりにくくなります。

前職と同じ業種なら面接までスムーズに進めるのに異業種に応募した途端書類選考で落とされてしまう。。

これはどうしても仕方がないことです。
特にある程度年齢が高めだとなおさら難しくなってきます。

ただ年齢があまり高くないうちに応募すると応募先も将来性を評価してくれますので、異業種転職するんだと決めたら早めに応募されることをオススメします。

異業種転職のために資格をとっておこう。

異業種転職でもその業界で歓迎されるような資格があれば話は別です。

堅実な社会人経験と、新たに資格を取得する勤勉さと意欲を高く評価してくれるでしょう。

建築系や運送業界で使える資格、昔から有名な税理士資格や会計士資格、簡単なところでは危険物の資格などはアルバイトなどで歓迎されるポピュラーな資格です。

逆に「インテリア系」や「デザイン系」など一見華やかで楽しそうな資格は「誰にでも取れる意味のない資格」と評価されているのであまり意味がありません。

昔から存在していて、ずっと需要のある資格を勉強しましょう。

志望動機を明確にしておこう

面接まで進んだら必ず聞かれるのがこの「志望動機」です。

「将来的にこんな風になりたい」
「こんなことを目指している」

ということをきちんと話せるように志望動機を固めておきましょう。

「ひやかしなんじゃないか?」
「やっぱり合わないと言ってすぐ辞めるんじゃないか?」

と思われてしまうともったいないことになります。

前職とは全く違う異業種転職では前職では1を言えば10まで分かってくれたかもしれませんが、異業種転職では違います。

新卒の就職活動のような気持ちで取り組みましょう。